Just another WordPress site

会社設立準備の流れ

会社設立準備の始まりから終わりまでの流れ

会社設立のための作業を行うにあたって、誰もがまず最初にとりかかることになるのは、設立作業の一般的な流れを把握することです。会社設立をするにあたって行わなければならない作業は細かいものも含めるとたくさんあるので、まずは設立登記が終わるまでの一般的な流れを知って、設立準備の計画を立てるための参考にしましょう。

会社設立の流れを順に述べると、まずはじめに行わなければならないのは、発起人同士で会社を設立にさせるのに必要な事項を決定し、定款を作成する作業です。決めなければならない事項はたくさんありますが、少なくとも会社の商号、事業内容とその目的、本店の所在地、事業年度、資本金、社内に設ける機関については必ず決めておかなければなりません。また、株式会社であれば、発行する株式の数や各発起人が引き受ける株式の数を決めなければならないように、選択する会社形態固有の必要事項もあるので、話し合う前には、最低限決めなければならない事項を調べて整理する必要があるでしょう。

会社設立にあたって必要な事項が全て決まったら、内容を定款にまとめて、印鑑登録証明書などの書類や定款認証手数料分の現金などを携えて、公証役場で認証を受けます。認証手続きを行う際には同じ内容の定款を3通提出する必要があり、認証された後は1通は原本として公証役場に保管され、残りの2通が謄本として申請者側に返却されます。そして、2通の謄本はそれぞれ会社保存用と会社設立登記用として使用することになります。

定款が認証された後は、金融機関に口座を開設して資本金の入金を行い、法務局への登記申請書類を作成します。登記申請書類の雛形は法務省のホームページからダウンロードできるようになっているので、これをもとに作成していきます。また、会社の実印、銀行印、角印も業者に依頼してつくってもらいましょう。会社の印鑑も、個人の印鑑の場合と同様に登録が必要となっていて、その登録手続きは登記申請時に一緒に行うようになっているからです。

会社設立のためのすべての準備が終わったら、法務局に設立登記の申請書類一式を提出します。法務局の窓口で直接提出すると、書類が受理されたときに担当者から登記完了予定日が通知されますが、この日までに法務局から書類の誤りなどに関して何も連絡が来なければ登記が完了していることになります。登記が完了していれば登記事項証明書の取得が可能になるので、税務署やハローワークなどへの提出用に履歴事項全部証明書を取得しておきましょう。

会社設立のための準備は、定款の作成準備から始まり、法務局での登記手続きの完了をもって終わりとなります。しかし、この作業はあくまで会社を法的に誕生させるための手続きに過ぎず、実際に業務を始められるようになるには、税務関係の手続きや社会保険加入手続きなど、登記完了後の手続きを全て完了させなければなりません。