Just another WordPress site

法人の口座

会社設立と法人の口座について

会社設立を行うことによって得られるメリットには様々な種類がありますが、税制上のメリットが得られるという点が非常に魅力的であると考える人は少なくありません。個人事業主として事業を行っている人の場合にはその傾向が特に顕著であり、自分自身の取り分に当たる給料に当たる部分に対する課税の在り方を魅力に感じて会社設立を行うと言うケースもあるのです。

具体的には個人事業主の場合には全ての売り上げが自分名義の口座に入ってくる仕組みになるのですが、会社設立をして法人名義の口座を開設することが出来れば事業収入を法人の収入として分けることが出来るようになるのです。その事業収入の中から一部を自分の取り分として確保することになるのですが、会社設立をしてからは役員報酬として事業収入に対して経費として計上することが出来るのです。この違いは収入が大きくなるにつれて非常に大きくなるものであると言えるでしょう。

単に事業を行うだけであればわざわざ会社設立をしなくても良いのですが、多くの人がそうしないのには訳があります。その一つが法人の口座を開設することによって得ることが出来る節税効果ですが、その他にも様々なメリットがあります。税金関係以外にもビジネス場面において相手の信用を得やすくなるということも会社設立を行う際のメリットであると言えます。

現在のビジネスにおいては取引を銀行口座で行うのが一般的ですが、その口座名義が法人ではないということに抵抗を感じる会社は少なくありません。十分な信頼関係が既にある場合にはそれほど問題にならないとも言えますが、これから信頼関係を作って行こうとする場合には法人対法人の付き合いが出来るにこしたことはないのです。その様な信頼脚気胃の構築のためにも会社設立をすることが役立ちます。

そして何より自分のためであると言えるでしょう。会社設立をしない場合の事業場の責任は個人事業主本人にありますし、その責任は個人の無限責任となります。これが会社設立を行っていれば事業上の責任は法人の責任として管理することが出来るのです。責任も出資額を限度とする有限責任とすることになりますので、あまりに資本金が少ない場合はもろ刃の剣となりますが自分を守るための制度となるとなる仕組みを持っているのです。この様な点も多少の費用をかけてでも会社設立を行った方が良いと判断をする人が多い理由となるメリットの一つとして広く知られています。