Just another WordPress site

様々な安心

会社設立と様々な安心について

何らかの事業を始める際に最初から会社設立をする場合にはあまり関係はないとも言えますが、一般に事業を行う際に会社設立と言う形で法人化することは様々な面で安心することが出来るものであると言えます。実際のところ何らかの事業を行うと言うだけであればわざわざ手間をかけて会社設立を行う必要はありません。

個人事業主としてビジネスを行っていた方が良いという働き方の人も少なからず存在していると言えるでしょう。しかしながらビジネスが成長してある程度の規模になってくると、会社設立をした方が様々な点でメリットが生じてくるのです。その中には事業を継続する上での様々な安心が得られるという点が関係していると言えます。

まず第一に事業を行う上では信頼関係が大切になってきますが、対個人での対応をしているだけであればそれほど影響もないと言えるかもしれません。しかしより大きなことをしようとした場合には会社設立をしていない法人格を持っていない状態では取引先から見ればただの一個人と同じように見えるという問題があるのです。

いわゆる個人事業主は対企業での取引においてはどうしても弱い立場になりやすいため、法人格を取得して企業対企業の形で話をすることが出来ると言うことがとても重要になってくるのです。この様な形に持って行くことでお互いに安心できるというのが大きな理由であると言えるでしょう。

また、何かがあった際の責任の所在についても会社設立をしているかどうかということは大きな違いを生じさせます。もしも会社設立をしていない個人事業主の立場で大きな問題が発生した場合、その責任は個人事業主本人に無限責任と言う形で責任が生じる仕組みになっていますが、会社設立をしていれば責任は法人の責任となる仕組みになっています。

そして責任の限度は法人の出資金を限度とする責任能力であるとされるのです。この様な仕組みがあることによって何かの問題が発生した場合に経営者自身の安心が確保されることになるのです。この様な仕組みが無い状態でリスクのある仕事を行うのには非常に大きな危険が伴うため、この様な点でも会社設立を行うメリットが大きいと言えるでしょう。

一方現在では少ない資本金でも会社設立をすることが出来るようになっていますが、資本金の額はそのまま責任能力でもありますので少なすぎる場合には信用を得ることが難しくなるというデメリットもあります。その点については注意が必要となるでしょう。